スワニーの機械音痴がレーザー加工機でサンプルを作ってみた。

0
    どーも。
    「スワニーでの仕事は太ること!」でおなじみの酒井です。

    早速ですが、先日スワニーに新たな機械が導入されました。
    こいつです。
    レーザー加工機1レーザー加工機2
    レーザー加工機「UNIVERSAL LASER SYSTEMS」と書いてあります。
    おそらく「VLS」というシリーズだと思います。(間違ってたらすみません)
    導入したばかりで社内でも何ができるのかまだ良くわかっていないということで、
    色々試してみようということに。
    だけど機械音痴なんだよなー。。。

    で、なぜ機械音痴の私がそんなことをやっているかというと、
    なんとこの機械Adobe illustrator(イラレ)からプリンター感覚で出力した
    データで物を切ったり削ったりできるのです!
    私元々イラレは少々かじっていましたので「自分にもできるかも!」とまんまと食いついたわけです。

    そういうわけで何か作ってみながらこの機会の特性や加工時の条件などを検証してみようと考えました。
    とりあえずうまくいくかもわからないことに大金はかけられないので、廃材のアクリルを拾ってきました。
    アクリル廃材
    拾ってきたはいいけど何つくろうかなー。。。
    なんとなく頭に浮かんだアイデアで行ってみよー!

    でまず、イラレ内で作るデータはこんな感じです。

    アクリルの裏側に刻印を彫りたいのでロゴマークは反転してます。

    ここから紙に印刷するかのようにプリンターとしてレーザー加工機のドライバーを
    選択して「プリント」をクリックすると。。。


    おお!そのままレーザー加工機のドライバーへと転送されました。
    (機械に正確な加工をさせるためにイラレ側で線幅などの調整をする必要があります)
    機械が苦手な私でもなんか「加工機を操ってるぜ!」という満足感を得られます。(個人差があります)

    そして加工をスタートすると。

    安全カバーが反射してしまって見えづらいかと思いますが、ロゴを彫っています。
    まずは刻印部分から削ってその後外周をカットするわけですね。
    動画も撮ってみたのですが、見づらいのでまたの機会にアップします。

    そんなこんなでできあがった部品がこちら。

    こんな感じの部品が何点かできあがりました。

    そして廃材だったので汚れが気になるところを綺麗にして
    組み立てていきます。

    組み立てに夢中になっていて(必死になっていて)途中経過を撮影するのを忘れていました 汗
    すみません。。。

    完成品がこちら。
    じゃじゃーん!


    じゃじゃーん!


    ん?なんかいたような。。。
    まぁ気にせずに、じゃじゃーん!

    そしてこいつを作ってやってみたかったのがこちら!
    じゃじゃじゃじゃーん!

    社長をお手伝いに使って撮影しました。

    動画もご覧下さい。

    透明で光るもの好きの私としてはかなりテンションが上がります。
    「これ何?」って聞かれると「何だろね?」ってなるので聞かないでください。

    というわけでサンプルとしてこんなものを作ってみたのですが、この機械はかなり扱いやすいです。
    イラレから作業ができるというのがかなり大きいですね。
    ただし、レーザー照射時に焼失してしまう範囲があったり、レーザーの特性上断面にテーパーがついてしまったりと精度を求める機械部品にはあまり向かないかもしれません。(条件出しや調整次第である程度は改善できるはず)
    自分としてはデザイナーさんや美大生なんかにはかなり喜ばれる機械だと思います。
    社内でも簡単な形状だけを確認したいなんてときに重宝しそうです。

    今後も機械の勉強がてら何か作っていこうと思います。
    気が向いたらまたアップします。
    では、またそのときまで。

    元気づくり大賞

    0
      1月16日に県政タウンミーティングで阿部知事とKOA株式会社の向山会長と一緒に
      県南信工科短期大学校の開校に向け「産業人材の育成」をテーマに登壇させて頂きました。

      地域とともに生きる企業風土や人柄、教育について伊那市の歴史を踏まえながらの話し合いになりました。
      阿部県知事も移動知事室で13日から17日まで上伊那市に滞在されて「地域の状況を肌で感じることが出来た」
      とコメントされていました。

      17日は「い〜な上伊那地域づくりフォーラム」が開催されました。
      製造業ご当地お土産プロジェクトの地域発元気づくり支援金の活用に対して、県知事賞を頂く事ができました。


      プレゼンで活動紹介もさせて頂き、沢山の方々にプロジェクトの目的や取組みを知って頂ける機会になりました。


      それぞれの地域の課題、ビジョンを地域毎に業種関係なく連携して
      目的をしっかり持って進めて継続していくことが大事だと感じたイベントになりました。

      内職復活プロジェクトについて

      0
        内職復活プロジェクトを始動しました。
        企業が地域に仕事を生み出し、商店街の空きスペースを利用して、そこに働きたい人達が集まり
        仕事が出来て収入を得ることが出来て、交流に繋がる環境を作ります。

        そんな場所を「内職ワークスペース」と名付けて、まずは試しに伊那市で始めてみました。

        製造業と商店街がコラボして地域活性化に繋げるプロジェクトです。
        まずは、主婦や高齢者や短時間しか働けない事情のある方々でも出来る仕事を内職ワークスペースに集めます。

        スワニーも昔は沢山の方々の内職仕事に支えられていました。
        近所の家の縁側には、どこに行っても部品の通い箱が積み上げられていてお年寄りが作業していた光景を覚えています。しかし、今では機械による自動化が進み、安い賃金環境を求めて生産拠点を海外に移管してしまった企業がほとんどですから内職仕事は本当に少なくなってしまっていると思います。

        上写真の男性がスワニー創業者の橋爪文治(祖父)です。
        作業テーブルがあれば手仕事で出来る仕事からのスタートだったようです。内職ワークスペースもこんなイメージになるのかな(笑)


        さっそく、日経新聞で記事にして頂きました。

        場所は伊那市駅前の「タウンステーション伊那まち」を内職ワークスペースとして場所をお借りして始めました。
        生涯学習センター「いなっせ」の向かい側です。


        看板も出来上がり本格スタートです。
        真ん中の男性が内職ワークスペースの管理人の横山さんです。

        大手光学メーカーのOBで生産技術のプロなので、いろいろ工夫して準備してくれています。


        作業テーブルに数人が集まってプラスチック部品のゲートカット作業をしています。


        まだ始めたばかりのプロジェクトです。
        いろいろと課題がありますが、少しづつ解決していきます。

        この取組みが継続できて製造業と地域の活性化に繋げられるように頑張ります。
        スワニーも沢山仕事を作り出せるように製品を増やして行きます。

        沢山の方々からアドバイスを頂きながら育てて行きたいと思いますので、
        皆様、御協力のほど宜しくお願い致します。









         

        「maker-bot replicator mini」を使用して趣味の幅を広げてみる。

        0
          新横浜営業所、新人の谷田です。

          私は映画関連のモノを収集するのを趣味としていますが、
          その中の一つとして7インチの安価な海外製フィギュアがあります。

          安価な反面、塗装が厚塗りであったり台座が付属されていなかったりと
          それなりのコストカットの工夫がなされているものが多いです。
          そして、ディスプレイすると倒れやすいもの多し。

          そこで弊社、新横浜営業所にある3Dプリンター「maker-bot replicator mini」を
          使用して
          海外製7インチフィギュアの台座を作ってみました。

          使用フィギュアはNECA社製(高さ約180mm)。

          まずは台座無しで立たせてみると・・・


          見事にボテッ!と倒れました。
          下半身稼動がほぼ無く、重心バランスが取りにくい為倒れやすいです。



          早速、maker-bot replicator mini」で台座を作ってみましょう。

          プリント方式は、Fused Deposition Modeling(熱溶融積層方式)。
          フィラメントという棒状の材料を熱しながら、
          モデルデータの形状に沿って一層ずつ造形してゆきます。

          積層ピッチは0.2mm(200ミクロン)でプリント。
          セッティングから造形に入るまでのプロセスがシンプルです。


          今回は直径9mmの円形に対して太さ4mm・高さ5mmの固定用のピンを立ててみました。
          造形時間は約1時間25分。あっという間に仕上がりました。


          裏面のサポートをざっくり除去した程度で後加工なし。
          ピンもきちんと造形されました。


          フィギュアの足裏の穴に・・・

          慎重にあわせて・・・

          ズボッ!!と装着。
          感触は丁度良くジャストフィット。

          なかなか安定感があります。

          持ち上げて振ってみても・・・


          ジャストフィットしている為、落ちません。


          出力物をベースに自分仕様に仕上げると
          より一層3Dプリンターでの「モノづくり」が楽しくなります。

          今回は趣味の一環として使用してみましたが、
          簡易的な駆動の機構を組み立ててみたりするのも面白いと思います。

          第2回 製造業ご当地お土産シンポジウム

          0
            第2回 製造業ご当地お土産プロジェクト シンポジウムを 開催致しました。

            「とことこイーナちゃんフォトコンテスト」の表彰式から始まったシンポジウム!


            最優秀賞作品の伊藤様には富士フィルムのX-T1が贈呈されました。

            記念講演には株式会社ダヴィンチ・ブレインズの代表取締役である下川眞季先生をお招きしました。
            http://www.monodukuri.com/specialists/profile/50


            下川先生は元ソニーの女性エジソンと呼ばれており、ソニーの女性修士エンジニアの第1号で
            デジカメの電子シャッター特許で全国発明表彰受賞、社内特許表の最高位『特級表彰』を2回も受賞した技術者なんですよ。
            「地域を元気にするものづくり」と題して熱く講演して頂きました。
            世界が認める隠れたチャンピオン企業が日本には数多くあると面白い町工場の製品を紹介してくださったり、
            異分野は意外な解決法や応用力があり、アイデアの宝庫であるなど、とても刺激になり勉強になるお話をして頂きました。

            プロジェクトの活動報告では、新開発中の製品の動画を見て頂いたり
            内職復活プロジェクトの詳細についても発表させて頂きました。



            「みんなで語ろう!製造業ご当地お土産プロジェクトの未来と可能性」パネルディスカッションでは
            5つのテーマについて会場と一体となり意見交換会をしました。


            参加された皆様からも貴重なご意見を頂き、今後の活動のヒントになる言葉を沢山頂きました。

            鹿沼商工会議所からお越し頂いたお客様は「ご当地自販機フリーポン」の実機を
            このシンポジウムでご披露するためにわざわざ持って来てくださいました。


            参加者も興味深々、イーナちゃんのクーポン券までわざわざ作って来てくださり、機械の特徴など
            説明してくださいました。これは伊那市にも設置したら面白いと感じました。

            本当に多くの方々にご参加して頂き、無事に開催することが出来ました。


            このプロジェクトは継続することが大事です。
            メンバーみんなでアイデアを出し合って、今後も仕事を作り出して行きます。

            今後とも応援のほど宜しくお願い致します。


             

            Connex3カラー造形 その2

            0
              弊社にあります3Dプリンタ「Objet500 Connex3」では、カラー造形が可能です!
              その2ではカラー造形の造形手順を説明したいと思います。

              今回は、弊社社員が考えたキャラクター「ほたて君」のフィギュアをカラーで造形します。
              ほたて君は、イラストを元にZbrushでモデリングをしました。

              元の落書き↓


              落書きを元にしたイラスト↓

              モデリング↓


              /Г魴茲瓩
              まず、使う樹脂と色を決めます。
              ほたて君の頭・体などは、カラー樹脂3種類(VeroCyan,VeroMagenta,VeroYellow)の組合せの中の色にします。
              Tシャツは、別パーツにして硬質樹脂の白で造形します。

              各色には番号がついているので、番号で指定します。
              番号はPolyJet Colorスペックシートに記載されています。
              (ストラタシス社のサイトからダウンロードできます。)
              色はRGBで数値化されているので、参考にしながら近い色を探します。
              今回の色は下のように決めました。

              星、ひげ、手、足・・・VeroYellow
              顔、体、耳・・・RGD-MY-006
              目・・・RGD-CMY-022
              鼻・・・RGD-CM-002
              ズボン・・・RGD-CY-003


              ▲如璽燭鯤割する
              データは色ごとに別パーツにします。
              干渉しているとエラーになり造形ができないので、干渉しないようにパーツを分割します。
              各パーツをSTLデータに変換します。




              Connex3専用のソフトウェアに読み込む
              オペレーティングソフトウェア「ObjetStudio」にデータを読み込みます。
              ソフトウェア上で各パーツの色を指定して、造形を開始します。




              サポート除去後、白の硬質樹脂で作ったTシャツのパーツを接着します。
              接着材が少しはみ出てしまったのでクリア塗装をし・・・








              完成です!


              左の傘は塗装をしていないものです。
              表面は若干白っぽくなりますが滑らかな質感です。発色はとても良いです。



              目のパーツは黒色を指定しましたが、パーツが薄すぎた為か下のオレンジが透けて茶色になっています。
              部品の厚み、重なっている部品の色などによっても色が変わってくることがあるようです。




              哀愁漂います。



              グレート☆無茶さんの話も熱心に聞きます。
              (※無茶さんはZPrinterで造形したものです。)

              ほたて君カラーフィギュア(全長60mm、30μm積層)の金額は1個50,000円です。
              1個だけを造形する場合、かなり高価になってしまいますが
              2個、3個と数が増えると単価も安くなっていくので、
              色やパーツ違いなどでたくさん造形していただくとお得です。

              以上、カラー造形の手順を説明させていただきました。
              ご不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

               

              Connex3カラー造形 その1

              0
                弊社にあります、3Dプリンター「Objet500 Connex3」ではカラー造形が可能です!
                ここでカラー造形について、詳しく説明させていただきます。

                1.カラー造形とは
                カラー造形には、3色のカラー樹脂を使います。
                VeroCyan
                VeroMagenta
                VeroYellow
                これらのカラー樹脂と、硬質樹脂の白・黒・透明、ゴムライク樹脂と混ぜ合わせることにより
                たくさんの色を表現することができます。

                2.材質
                カラー樹脂はアクリル系の硬質樹脂です。
                カラー樹脂をゴムライク樹脂と混ぜ合わせることにより、
                ゴムライク樹脂のカラー造形も可能です。

                3.色の組み合わせ
                Connex3は、3種類まで樹脂をセットできます。
                各樹脂の組み合わせは全部で20通りあります。
                1つの組み合わせに色は45色あり、その中から色を指定します。

                硬質樹脂(白)+カラー樹脂2種類


                硬質樹脂(透明)+カラー樹脂2種類


                硬質樹脂(黒)+カラー樹脂2種類


                硬質樹脂(白・黒)+カラー樹脂1種類


                硬質樹脂(白・黒・透明)


                カラー樹脂3種類


                ゴムライク樹脂(透明)+カラー樹脂2種類


                ゴムライク樹脂(黒)+カラー樹脂2種類




                4.注意点
                【一体造形が不可能な場合】
                上は3色とも1つのパレット内に指定できる色があるので一体造形が可能です。
                下は、青色がパレット内に無いので一体造形が不可能です。
                この場合は、青色部分は別パーツにして、青色のある組み合わせ
                (例:VeroWhite+VeroCyan+VeroYellow)に樹脂交換し、造形・接着をします。


                【ゴムライク樹脂カラー造形の硬度と色】
                ゴムライク樹脂は硬質樹脂を混ぜ合わせて硬度を調整します。
                その為、ゴムライク樹脂でカラー造形をする場合、硬度が高いと色が濃くなり
                硬度が低いと色が薄くなります。


                その2では、カラー造形の為のデータ作りから造形完成までを説明したいと思います!
                 

                信州プロレスリング様フィギュア

                0
                  来る2014年11月24日、長野県伊那市高遠スポーツ公園文化体育館にて
                  【無茶フェスin伊那】が堂々開催されます!!

                  グレート☆無茶さまが代表を務める信州社会人プロレスチーム『信州プロレスリング』による
                  イベントで、スポーツを通じて皆様に笑顔と元気を届けたい!という想いから運営されています。
                  微力ながら、スワニーも地元企業として力いっぱい協賛させていただいております。

                  その一環として、グレート☆無茶さまのフィギュアを作成しました!


                  まずは写真を見ながらモデリングです。


                  色をつけて・・・


                  石膏プリンターで造形し、ケースに納めました。
                  肩口の紐は3D造形上再現が困難だったため、今回は形状を割愛させていただきました。。。


                  本データの掲載をご快諾くださったグレート☆無茶さま及び関係者の皆様方に御礼申し上げます。


                  24日の無茶フェスには、何と!あの超有名人のあの方やあの方が来られます!!

                  お近くの方もそうでない方も、ぜひ足をお運びください!
                  開場13時、開演13時半、そして入場は無料です!!

                   
                   

                  自衛隊に等身大パネルを納品!

                  0
                    完全地産の取り組みの中で縁が出来ました、自衛隊長野地方協力本部 伊那地域事務所さんに先日、等身大パネルを納品してきました!

                    右にいらっしゃるのは伊那地域事務所長 小林2等陸尉です。ダンディーです!
                    橋爪社長は舞い上がってしまって、何枚も記念撮影していました!
                    (自衛隊コスプレ写真もあり・・・( ̄▽ ̄)

                    そして、真ん中にいる3人娘が今回納品した等身大パネルです。
                    長野地方協力本部で生まれた萌えキャラ、長野3人娘(勝手にそう呼んでいます)。かわいいんですo(*^▽^*)o♪
                    ちょこっと紹介しますと、

                    左  海上自衛隊 諏上海絵(すがみ かえ)
                    中央 陸上自衛隊 長伊陸央(ながい りお)
                    右  航空自衛隊 飯本美空(いいもと みく)

                    それぞれの名字にも由来がありまして、気づいている方もいらっしゃるかと思いますが、
                    長野県内にある地域事務所・出張所が置かれている地域名
                    諏訪上田長野伊那飯田松本 の文字が使われています。

                    今後、長野県内の自衛隊イベントにたびたび登場する予定なので、ぜひ会いに行ってあげてくださいね。

                    ちなみに等身大パネルは高さ150僂任弔ってあります。これは自衛隊募集要項の女子の身長合格基準です。
                    会えたら、身長比べをしてみてください(^ー^* )

                    製作に協力させていただきました

                    0
                      rinkak様の企画にご協力させていただきました。

                      http://www.rinkak.com/sumisaya

                      裏話でスワニーの事もご紹介いただきました!
                      No.6 「先端技術で挑む、斬新な伝統継承 - 刀×3Dプリンター -」(4/4)
                      http://www.rinkak.com/creatorsvoice/sumisaya-4
                      弊社が担当させていただきましたのは3Dプリンティングと仕上げの部分です。
                      形状的に難しい部分がありましたが、rinkak横井様と仕様を煮詰めて
                      良い仕上がりになったと思います。


                      11/16(日)表参道 BA-TSU ART GALLERYで展示があるそうなので
                      ご都合のつく方はぜひ足をお運びください。

                      2014/11/16 12:00 - 18:00
                      BA-TSU ART GALLERY
                      東京都渋谷区神宮前5-11-5
                      http://www.ba-tsuartgallery.com/map.php
                       


                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << November 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 伊那市のイーナちゃん、フィギュア作りました
                        伊那市民
                      • 実は僕もレーザー加工機を使ってみたかった。
                        sekine masaaki
                      • 山ミニチュア作ってみました。その3
                        megumi
                      • 信濃毎日新聞7/23 経済面
                        賢木伸二
                      • いいね!に技術手当。
                      • 新年初日にキター!
                        ひらいで
                      • 伊那市 推奨みやげ品に認定!
                        橋爪
                      • 伊那市 推奨みやげ品に認定!
                        近所の住人
                      • 高校生会社見学授業
                        zawa
                      • 伊那市のイーナちゃん、フィギュア作りました
                        創造館・ささげ

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM