3Dプリンターで編み機を作ったよ!

0

    最近作ったデータがイモリだかヤモリだか分からず戸惑っている今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか?窪田です。

    久しぶりに投稿します!
    今回はMakerbot(FDM方式の3Dプリンター)で編み機を作ってみました。
    というのも、よく見かける編み機は太い毛糸仕様なので、大きいものしかできません・・・
    ウチには、細い毛糸やレース糸がたくさんあるので、それを使える編み機が欲しかったのです。
    ということで、作っちゃいました(^^)
    まずはデータ作成からです。
    こんな感じです。ピンの本数は20本です。
    なるべく片手に収まるような大きさにしてみました。
    そしてMakerbotの出番です!
    私は、このFDM方式の3Dプリンターが結構好きです。
    積層の段差は粗いですが、仕上げれば意匠にも使えるし何より強度があるので、今回作ったような補助具や治具作成にはすごく貢献してくれると思います。・・・そして材料が安いし(*`▽´*)
    今回はtoughPLAという材料を使って造形してみました!
    なんと!ピンとベースを一体で造形したので、積層方向がピンの折れやすい方向だったみたいです。
    ピンがポキポキ折れてしまいました・・・残念
    ということで、改めてピンを別にして造形しました!
    こちらのほうがピンの強度が上がって折れません。
    ただ、ピンとベースの穴とのクリアランスが大きく抜けやすくなってしまったので今回は接着剤で固定しました。
    早速毛糸を編み始めました。
    2色使って、編み棒だとめんどくさい模様を編んでみました。
    編み棒だと、糸を入れ替えたりが大変ですが、編みやすい!!!
    最初は、糸のテンションが強すぎて、棒にひっかけて外しての動作をし続けると指が痛くなったんですが、慣れてくるとスイスイ編めてきますo(*^▽^*)o
    しかも、編み棒のように糸が抜けないので、持ち運んでもほどけないのです。
    バックに入れやすいサイズだし!なかなか良いものを作ったなと自分で思ってます(*∇)
    そして、これを使って、こんなものを作ってみました。
    シュシュです(隣はイモリだかヤモリだかです)。リボンの部分もこれで作ってます。
    レース糸だと、もっと編みやすくなりました。
    他の色の糸と合わせてリボンを量産しようかな・・・かわいい
    ということでご紹介してきましたが、今回作って使ってみて修正点が何点か出たんで、データ修正して2次試作品を作ります!
    次は他の編み方もできるようにしようと考えています。楽しみだな〜
    近々パーツ2としてUPするので、待っててください。それではまた(o^∇^o)ノ

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 伊那市のイーナちゃん、フィギュア作りました
      伊那市民
    • 実は僕もレーザー加工機を使ってみたかった。
      sekine masaaki
    • 山ミニチュア作ってみました。その3
      megumi
    • 信濃毎日新聞7/23 経済面
      賢木伸二
    • いいね!に技術手当。
    • 新年初日にキター!
      ひらいで
    • 伊那市 推奨みやげ品に認定!
      橋爪
    • 伊那市 推奨みやげ品に認定!
      近所の住人
    • 高校生会社見学授業
      zawa
    • 伊那市のイーナちゃん、フィギュア作りました
      創造館・ささげ

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM