カラー材料による3Dプリントについて

0
    スワニーにあるStratasys社の3DプリンタObjet Connex 3はカラー材料で造形ができるんです。
    カラー試作の使い方としてはフィギュアなどのキャラクター色彩などを想像されるかもしれませんが、
    実は機構部品などの形状確認や動作確認、プレゼン用の試作品としても色があるだけでイメージが
    掴みやすくて、とっても便利なんですよ。
    青が外観ケース部品、緑が基板、黄色がスイッチとレンズ部品です。
    クリアランスやデザインの課題も単色の試作品よりも気が付きやすいので便利です。

    昔の光造形材料に比べると、材料の靭性も向上しているので
    ネジも安心してトルクを掛けて固定が出来ました。
    ボスの下穴径も量産寸法と同じですが、今回の形状では割れませんでした。

    色があるだけで、本当に試作部品の使い方が変わります。
    是非一度お試しください、お見積りお待ちしております。


     

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 伊那市のイーナちゃん、フィギュア作りました
      伊那市民
    • 実は僕もレーザー加工機を使ってみたかった。
      sekine masaaki
    • 山ミニチュア作ってみました。その3
      megumi
    • 信濃毎日新聞7/23 経済面
      賢木伸二
    • いいね!に技術手当。
    • 新年初日にキター!
      ひらいで
    • 伊那市 推奨みやげ品に認定!
      橋爪
    • 伊那市 推奨みやげ品に認定!
      近所の住人
    • 高校生会社見学授業
      zawa
    • 伊那市のイーナちゃん、フィギュア作りました
      創造館・ささげ

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM