2018年版スワニー年賀状の作り方

0

    明けましておめでとうございます。

    本年も宜しくお願い致します。

     

    新年一回目のブログは2018年版スワニー年賀状の製作過程をご紹介いたします。

    担当は最近どうやったらゴリラになれるかということばかり考えている酒井です。

    では早速ご紹介いたします。(※ちょっと長いです)

     

    まず2018年版スワニー年賀状はこんな感じです。

    社長からの依頼を受け、ゴリラになる造こと私酒井が作成しました。

    社長からの指示は「最近使用しているキャッチコピー『それ・・・スワニーならできるかも!』

    を使って面白いの作って」という大変わかりやすくこれ以上無いといった内容でした。

     

    まずはどんな内容にするか考えます。

    スワニーは設計会社。。。

    設計といえばロボ。。。。。

    2018年の干支は戌。。。。。。。。

    これだ!!!となるわけです。

     

    そんなわけでまずロボのデザインを考えます。

    (デザインと言うほどのものではありませんが。。。)
    普通絵の上手な方はしっかりとデザイン画を描くかと思いますが
    そこはスワニーですのでだいたい考えたら後はCADで形にしてしまえ!
    となるわけです。
    CAD内でなんとなく形を作っていきます。
    こんなん入れよっかなーとか考えながら形にしていきます。

    途中をかなり端折りましたがだいぶ出来てきました。

     

    全体的な形が出来てきたら細かい部品を追加していきます。

    上の画像はミカン砲です。

     

    ねじっぽいもの。

     

    鏡餅型ヘリコプター的なやつ。

     

    とまぁそうこうしているうちに「餅ヘリ搭載!戌型おめでたガショーロボ」の三次元データが完成しました!

     

    三次元データがあるので図面にも落とせます。

     

    続いて主人公キャラクターをクレイモデリング担当の栗屋にお願いしてモデリングしてもらいます。

    それがこちら。

    当初は操縦してる風にしようと考えていたのでこんな感じに作ってもらいました。

     

    普通ここまで三次元データを作成したらそのまま使いそうなものですがここからとてつもなく無駄な作業に入ります。

    なんと!せっかく作った三次元データをもとに二次元のイラスト作成するという暴挙に出ました。

     

    その無駄な作業がこちら。

    三次元データを図面データにし、それをイラストレーターに読み込みます。

    そしてコツコツと色を付けていきます。簡単そうに見えて地獄のような作業です。

    (DXF→イラレの作業をやったことがある方ならこの苦労はわかってもらえるはず。。。)

     

    主人公の方は三次元データの画像をトレースしたりアレンジしたりしてイラストにしていきます。

     

     

    そしてなんとも贅沢と言うか無駄と言うか、三次元データをもとにしたイラストが完成しました!

     

     

     

    後はレイアウトしていきます。

    今回は例のキャッチフレーズを使うため漫画仕立てのデザインにしました。

    レイアウト作業はドーンとやってバーンとかガチャっとかやって終わりです。

     

    こんな感じで年賀状を作成しましたがスワニーはイラストを作成する会社では

    ございません。(ご依頼いただければやりますが笑)

    本年も設計、三次元データ作成、3Dプリンタ造形などなど皆様のお役に立てるように

    精進してまいりますので、何卒宜しくお願い致します。

     

    以上、最後までお読み頂きありがとうございました。

     

     

     

     


    スキャニングとデータの編集・修正について 2

    0
      前回記事<スキャニングとデータの編集・修正について 1>に引き続き、今回はデータの編集方法と出力形式についてご紹介します。

       ■スキャンデータはどんなふうに編集できるの?

      一度スキャンしたデータは、どんなかたちにでも編集が可能です。

       ・データのサイズを変更したい
       ・部分的に形状を変えたい、アンダーの無いデータにしたい
       ・フィギュアデータなどに台座をつけたい、装飾品を追加したい、ポーズを変えたい
       ・スキャンデータを元に部品分割したい        

      などなど、お客様とお打ち合わせをしながら作業を進めさせていただきます。
      これは無理かな?と思うことでも、何らかの方法をご提案させていただきたいと思いますので、お気軽にご相談くださいませ。

      ちなみに、弊社社長のスキャンデータの活用法。

      こちらがスキャンしたままのデータです。


      用例1:顔まわりを切り出して、2mm厚にしてお面にしてみました。


      用例2:ちょっとお化粧をして、ティッシュボックスケースに。お部屋のインテリアにもなります。


      用例3:オリジナルマスクをかぶせて置物に。

      はい、どんなかたちにでも編集が可能です。



       ■どんな形式で出力できるの?

      STL、STEP、IGES、X_Tで出力が可能です。この他の形式をご希望の場合はご相談くださいませ。
      ただし造形の細かいフィギュアや工業部品などは、中間ファイルでのデータ作成が困難な場合があります。
      また工業部品については、前回もお話させていただいたとおりエッジなどの形状は保持されません。弊社にて面の張りなおしも承っておりますので、ご相談ください。



      以上、スキャンデータについて2回にわたりご紹介させていただきました。
      何かご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせくださいませね。

      スキャニングとデータの編集・修正について 1

      0
        SWANYでは、スキャニングおよびデータの修正・編集、また3次元CADで使用できるデータへの変換作業等も承っております。
        対象は工業部品から人物・フィギュア・おもちゃ・インテリアなど多岐にわたり、また大きいものでは自動車や航空部品まで対応可能です。
        今回は特にお問い合わせの多い内容についてまとめてみました。

         ■どんなものがスキャンできるの?

        対象物に応じて、ATOSとArtecという2つのスキャナを使い分けております。
        小さいもの、細かい形状のもの、精度を必要とするものなどはATOS、人体やインテリアなど比較的大きくてざっくりとしたものはArtec、といった具合です。


        いずれの場合も光をあてて形状を測定するため、光沢のあるものや透明なもの、黒いものなどはスキャンに適しません。
        必要に応じ、お客様の承諾をいただいてからサーフェサーを吹いてスキャニングいたします。
        また、ボスなどの深い窪みは奥まで光が届かないためスキャンできず、そこだけ穴が空いた状態になってしまいます。

         ■データはどこまで修正できるの?

        『スキャンしたのはいいけど、穴が空いているのは困るなあ・・・』
        ということで、スキャンデータの修正も対応させていただいております。
        たとえば、このような部品の場合。



        図中黄緑色の線がサーフェスエッジです。つまり、穴です。
        リブやボス周辺に穴が空いていますが、ざっくりと形状を確認する程度なら問題なさそうですね。
        ソリッドにしたいときは、ここから穴埋めをしていきます。
        こんな感じで・・・



        周囲の曲率に合わせて埋まりました。同様に他の箇所も作業していきます。
        また、モデル上に不要な部分があればここで除去することも可能です。

        全ての穴を埋め、外周の立ち壁を整えました。

        ポリゴンモデル(スキャンしたままのデータ)での修正作業は以上です。

        ここで注意したいのが、スキャンではエッジ等のピン角は再現できない、という点です。
        3次元CADのように数値で構成されているものではないので、全てのエッジや平面は曖昧になります。
        きちんとしたエッジや面が欲しい場合は、ポリゴンで修正したモデルを元に改めて面を張りなおす必要があります。

        お客様のご要望に合わせて修正方法を検討いたしますので、お気軽にご相談ください。


        ここまで読んでくださって有難うございます。
        次回はスキャンデータの編集方法と出力形式についてご紹介します!
         

        ペットスキャン

        0
           橋爪の愛犬オリーブをスキャンしてみました。
           犬種はラブラドールレトリバーなので毛並が短く
           思ったよりも綺麗にスキャンできるはずですが、、、
           落着きが無いので動いてしまって全体撮影できませんでした。
           
           毛が短くて落着きのある犬や猫ならスキャン可能です(笑

          NextEngine3Dスキャナ

          0
            ネクストエンジン社の低価格3Dスキャナです。

            3年ほど前から弊社では利用しているのですが、
            HD仕様になってから本当に綺麗に撮影できるようになりました。

            Artec3Dスキャナでは撮影できない小さな部品などは
            このスキャナで3D撮影しています。

            30°分割撮影で12ショット撮影中です。
            各ショットの位置わせも自動で処理してくれるので
            セットして待っているだけで撮影してくれます。
            また、マルチドライブの回転テーブルを使用すれば
            上下方向からも撮影してくれるので深い凹形状も撮影可能です。



            興味のある方は是非とも試し撮りにお越し頂き、
            どんな素材や形状が撮影しやすいのか試してみてください。



            全身スキャン

            0
              Artec3Dスキャナー⇒Freeformモデリング⇒uPrint造形で
              全身フィギュア作製しました。


              モデルは誰かって?

              取材に来た地元タレントさんです。

              また、詳細報告します。
              お楽しみに。

              フェイスマスク

              0
                 スタッフ有賀君に金子君が変身しました。

                3Dツールで遊ぶな〜と言いたいところですが、、、(爆笑)


                ついでにフェイスマスクを間接照明にしてみました。
                フルカラーLEDを仕込んであるので色調によっては本当に怖いです。

                自宅の階段の壁に自分のフェイスマスク照明なんて如何ですか?(笑)

                石造スキャン

                0

                   石造をスキャンしたデータをuPrintで造形しました。

                   
                  スキャンソフトでそのまま加工できるまで処理出来ていたので、
                  Freeformを使用しなくてもよかったのですが、少しだけスムージング処理をしました。

                  希望の造形サイズではZ高さが足りなかったので斜めに造形しました。
                  造形時間は6.5H。造形機から取り出すときはどうしても拝んでしまいますね(笑

                  スキャン性能が良い為、リアルに再現できています。

                  中山石材さん、ご提供ありがとうございました。
                  御依頼データ&おまけミニチュア付けて納品致しますのでお楽しみに。


                  ABS造形

                  0
                     弊社のABS造形機で昨日のK子さんスキャンデータを
                     造形してみました。
                     
                     良く出来てます。
                     

                    3D撮影

                    0
                       弊社スタッフのKさんを3D撮影です。
                      撮影は7ショットほどで5分ぐらいでした。
                      その後スキャンソフトで接合、穴埋め、スムージング作業を行います。
                      その状態ではまだ利用できるデータにはなりませんので
                      FreeFormでちょっとだけ美調整?!を行いました。
                      ↑動画はこちら

                      あとは、このデータを板厚化2个任り抜いてから造形できるように加工して完成です。


                      そんな修正をしているとモデル本人から
                      ヤマンバメイクをしてみたいと要望が?!
                      なぜ?と思いながらも3Dデータをペインティングしてみました。
                      ん・・・なんだこりゃ、、、

                      ということで、これからもっとスキルを上げて短時間で
                      このスキャン→モデル化作業がこなせるようにスタッフ全員が勉強中です。

                      このモデルで造形もしていますので完成したらまた報告します。







                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << December 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 伊那市のイーナちゃん、フィギュア作りました
                        伊那市民
                      • 実は僕もレーザー加工機を使ってみたかった。
                        sekine masaaki
                      • 山ミニチュア作ってみました。その3
                        megumi
                      • 信濃毎日新聞7/23 経済面
                        賢木伸二
                      • いいね!に技術手当。
                      • 新年初日にキター!
                        ひらいで
                      • 伊那市 推奨みやげ品に認定!
                        橋爪
                      • 伊那市 推奨みやげ品に認定!
                        近所の住人
                      • 高校生会社見学授業
                        zawa
                      • 伊那市のイーナちゃん、フィギュア作りました
                        創造館・ささげ

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM